Happpppy tomorrow ♬ ♡

マンドラ弾きの日記 mandola.blog.jp

音楽やってて・・・
単純にうまくできたら嬉しいし
もっとうまくなったらもっと楽しいんじゃないかって・・・

ボクはそう考えるのも楽しいんだけど
君はそう思わない?

~「のだめカンタービレ」より

演奏会に向けての弦は、準備してあったOPTIMA黒に11日に交換する予定だった。
しかし突然の興味でドーガル黄を注文してしまったので、届くのを待って交換することにした。

9日に注文した弦が土日を挟んで13日に届いた。



ドーガル(カラーチェ黄)マンドラ弦セット
オリジナルレザークロス(色お任せ)


DSC_0277


巻き糸の色は黄色というか金色というか。
糸を巻いている範囲が長い。
特にG線は巻きの部分が細く出来ていて巻きやすかった。

DSC_0278


実際に張ってみると、糸巻に巻いた部分は全て黄色の巻き糸でカバーされている状態になる。

DSC_0279


エンドピンの輪は小さめで、留めるのがなかなか大変だった。
外すときは多分切らないと取れないかも。
G線だけが輪が大きい。

DSC_0280


ここも黄色が珍しくて新鮮!

DSC_0281


駒の位置を微調整する。
G線だけは適当なところで妥協(笑)

DSC_0282


調弦しながらちょっと弾いた感じでは、良く響いて音がでかいという印象。
最近は滑りの良いポリッシュ弦ばかり使っていたので、このザラザラ感はどこか懐かしい感じがする。
ピックが減りそうだが。。。

DSC_0283

長年マンドラを弾いていて、まだ使ったことのない弦がある。

何故かというとたぶん商品名にカラーチェと入っているので、カラーチェ弾きではない自分には関係ないと、そもそも選択肢に入っていなかったためだろう。

ARS弦が未だに在庫なしなので、気になってドーガルを調べてみた。





ドーガル(カラーチェ黄)マンドラ弦

dy-md




Corde ruvide per mandola realizzate in collaborazione con il M°Ugo Orlandi. Grazie alle eccezionali caratteristiche dei materiali con cui sono costruite, esse si pongono oggi ai vertici della qualità timbrico sonora delle corde armoniche.

Maestro Ugo Orlandiとのコラボレーションで作られた粗いマンドラコード。 それらが構築される材料の例外的な特性のおかげで、それらは今日、ハーモニック弦の音質品質のトップにいます。





Google翻訳では微妙な日本語になっているが、イタリアのマンドリン奏者であるウーゴ・オルランディとのコラボレーションで作られたruvide(ラフ・荒い)?ポリッシュされていない?というようなマンドラ弦らしい(笑)

価格はそう変わらないので一度使ってみよう。


ここでポチっと。。。




ところで夏タイヤと呼ぶのは北海道だけだろうか。
夏タイヤ(4月~10月)、冬タイヤ(11月~3月)。。。

4シーズン目の中国製タイヤにひび割れが出てきたので買い換えることにした。

セレナの標準は195/65R15だが、前回2インチアップして205/50R17に換えていた。
その時は中国タイヤで格安だったのだが、交換しようと探してみるとサイズが特殊すぎて選択肢が少ない。
でもホイルまで取り替える予算もないので、今回は比較的豊富な品揃えがある215/45R17に換えることにした。ホイルは換えずに済む。

185/65R15

205/50R17

215/45R17

ショップをいくつか彷徨い歩いたが、やはり扁平になればなるほど国産タイヤは標準的なものでもかなり高価である。

ネットで中国製を探すしかないかと諦めかけたとき、オートバックス専売というピレリタイヤを見つけた。
国産タイヤの半額である。

PIRELLI P8 Premium 215/45R17 91V XL

DSC_0248

DSC_0255


DSC_0250

DSC_0251




一応は低燃費タイヤで摩耗しにくい(固い)タイヤらしい。
ピレリと言っても、結局今は MADE IN CHINA なのだが(笑)

このページのトップヘ