Happpppy tomorrow ♬ ♡

マンドラ弾きの日記 mandola.blog.jp

音楽やってて・・・
単純にうまくできたら嬉しいし
もっとうまくなったらもっと楽しいんじゃないかって・・・

ボクはそう考えるのも楽しいんだけど
君はそう思わない?

~「のだめカンタービレ」より

滞っていたマンドラの弦交換が終わったので、次はマンドリンを替えてみよう。

先日購入したARSの新弦

DSC_0550

DSC_0551


ハイポリッシュとローポリッシュ。
この2種類のどっちを使ってみようか。。。

わからないので、まずは。
カラーチェにハイポリッシュを張ってみよう。

DSC_0552

マンドラと比べるとマンドリンの弦交換は楽である。

ついでなので久々にクリーニングして。

DSC_0553

EADGの順に張っていく。

完了。

DSC_0554

DSC_0555

余った弦をきれいにカットする。
切るのはこれが便利。

DSC_0556

もう遅くなったので弾くのは明日だな。

このチューナーは便利。

購入して半年くらいになるが、小さくて楽器に付けたままでも邪魔にならず、電源ONですぐに使えるのが良い。
楽器をケースに入れるときも付けたままなので、購入してから付けっぱなしになっている。

クロマチックチューナーで1オクターブに含まれる半音全てについて調律できるのと、音高(ピッチ)も変えられる。

ヘッドストックの隅に取り付ければ目立たず、ボタンひとつでONになるので演奏の合間でも使いやすい。


サイズは1.3cm×2.5cm、小さいけれど結構見やすい。


D'Addario ダダリオ ヘッドストックチューナー クロマチックタイプ


DSC_0549






昨年の8月以降、弦を交換せずに音色とともにモチベーションも落ち続けていたが、ちょっとやる気を出して頑張って交換してみた。

やはりドーガル黄はエンドピンの輪が小さく、張ったときに心配した通り外すのが大変だった。

4c1e962224

苦労してイライラしながらやっと外す。


DSC_0545

こんな色じゃなかったと思う。
劣化、錆び(笑)

DSC_0546

今回は手持ちがあったので、全弦とも使いなれたオプティマ黒にした。

DSC_0544

DSC_0547

約20分。。。完了。

よく響く。

音がでかい。

これでモチベーション上げてまた練習しよう(O゚皿゚O)

このページのトップヘ