Happpppy tomorrow ♬ ♡

マンドラ弾きの日記 mandola.blog.jp

音楽やってて・・・
単純にうまくできたら嬉しいし
もっとうまくなったらもっと楽しいんじゃないかって・・・

ボクはそう考えるのも楽しいんだけど
君はそう思わない?

~「のだめカンタービレ」より

不定期な日記的ブログなので、とりあえず?せっかくだから?骨折も記録しておこう。


遡ること3月22日の金曜日、3月中旬からすっかり雪もなくなり春の気配がしていた。
しかしその日は急激に気温が下がり霰が降り始め、また冬に逆戻り?
帰宅したあと午後6時半ころに近所に買い物に行くため自宅を出た。
道路をほんの数歩進んだところで路面が黒く凍結しており、左足から滑り込むように転んでいった。
しかし滑った先の道路が凍っていなくて、左足の靴のつま先がひっかかり急ブレーキがかかる。
滑り込んだ全身の勢いは止まらず、全体重が左足首に集中しちょっと変な向きに曲がる。

気が遠くなるほど痛かったが立ち上がることが出来てなんとか歩けた。
そのまま自宅に戻り「転んだ。挫いた。痛いわ。」としばらく横になっていた。
「折れてたら腫れるよね。」
「腫れないから大丈夫みたいだわ。」
ということで挫いたと思い込んだまま土日を過ごす。

月曜日の朝、出勤前に念のため病院に寄ることにした。
少し足を引きずりながら外来の受付を済ませ、診察室前で待つ。
「先にレントゲン撮りますよ。」と呼ばれる。
その後またしばらく待つ。
「〇〇さ~ん」と診察室に呼ばれる。
「これ足首の上が折れてるよ。入院して手術だね。」
ちょっと捻挫を見てもらいに来ただけなのに、まさかの結果に愕然としたがもう諦めるしかない。

そこからは足首をシーネで固められ、車椅子に座らされて2階に移動、即入院となった。

ここから長い24日間の入院生活が始まるが、毎日気が遠くなるほど暇なだけで特に記録することもない。

強いて挙げれば、食事が名前のなさそうなメニューですごく不味いとか。
看護師さんに補助してもらってシャワーを浴びるのが恥ずかしいとか。
松葉杖は簡単そうにみえて大変だとか。
車椅子の運転はなかなか面白かったとか。
カード式のテレビは高すぎるとか。
21時から6時まで眠ることは出来ないとか。

何も面白いことはなかったので、退院後の日常は当たり前ではなく新鮮に感じる。

まだまだこれからも約2か月の左足首装具着用と定期的なリハビリがある。
年齢とともに「気を付けなければならない」ということを痛感している。

DSC_0173
20190329_073926

ヤフオクでうっかり落札してしまったMonopiaマンドリンが届いた。

DSC_0134

しっかり梱包されている。
ケースは何処にも異常はなく、まだまだ使える。

DSC_0135

開けてみると思っていた以上に奇麗で、弦を外してクリーニングする程でもなく、レモンオイルでさっと拭けば良い程度だった。

調弦してみると弦はまだまだ使えそうで、フレットの状態や駒の位置も問題ない。
最近まで弾かれていた楽器かな。。。

さっそく調弦してみる。
弦はかなり緩められていたので、切れないかドキドキしながら巻いていく。
調弦終了、各フレットの音も計ってみるが意外なほど合っている。

そして弾いてみる。
しっかり音量が出る。
小さい音もちゃんと出る。

長期間眠っていた楽器ではなく、最近まで弾かれていた感じがする。


i-img600x450-1551702123l0pyuf1060454

初心者用マンドリンのMONOPIA。
状態は悪くないようなのでついついポチっと入札していたら、そのまま落札になってしまった。

ここ数日中に届く予定である。

i-img600x450-1551702123l0pyuf1060454

この楽器についてネットでいろいろ調べてみたが、情報は極めて少ない。


i-img600x450-1551702123fmpzuw1060454



i-img600x450-15517021235di2u21060454

5c7a08ba36bacf054b281a45

ケースとチューナーも付いているようなので格安ではあったが。。。




このページのトップヘ