Happpppy tomorrow

マンドラ弾きの日記

Ars longa, vita brevis, occasio praeceps, experimentum periculosum, judicium difficile.

楽器は綺麗に

ヤフオクで楽器を購入してみると予想以上に汚れていることがある。
手垢、埃、この状態で弾いていたのかと驚く。
(埃は後から着いた可能性もあるが)

汚れた楽器から驚くような綺麗な音が出るとはとても思えない。

考えてみるとメンテナンスにはそれなりのコストがかかっている。

・日常的に使うクロス
 ~楽器を使ったらケースに収める前に必ず拭く
・時々使うレモンオイル
 ~弦交換の時などに指板を拭く。楽器全体を拭く。
・時々使うポリッシュ
 ~楽器の艶出し。
・弦にフィンガーイーズ
 ~弦に塗ると滑りが良くなる。弦の錆防止。
・楽器ケースにドライフォルテ
 ~楽器ケース内の湿度調整。
・今回買ってみたダストブラシ
 ~楽器に付いた埃(ピックが削れた粉とか)を取り除く。

こんなもんかな?

そして何より高い定期的な弦交換!
ピックも消耗品だか、最近は一枚百円で済んでいる。

楽器の状態を常に最高に保つこと。
弾くモチベーションを維持すること。

そのために綺麗な楽器は自分にとっては必須である。


ダストブラシはなかなか使える。
DSC_4059
DSC_4060
DSC_4061
DSC_4062
DSC_4063
DSC_4064

弦を外してレモンオイルやポリッシュで磨く。
DSC_3114

そしてピカピカ✨
DSC_3113

田鎖マンドラ 弦交換

しばらく交換していなかったマンドラの弦を交換する。

今回はどの弦にしようか。。。

今まではEはオプティマ青、ADGはARSだった。
在庫を見て、今回は全てARSにした。

DSC_4010

DSC_4011

以前に買ってあったフェルナンデスのナットルーベを初めて使ってみる。
ナットルーベはナットやサドルのフリクションを低減して調弦の安定性を高めるものらしい。

DSC_4012
DSC_4013

A線が1本不良弦だった。
ポコポコした面白い音がする(笑)

ほぼ良さそうなので駒調整はなしで、弦交換とクリーニングだけにしておく。
やはりG線は太くて大変だ。

DSC_4014

交換終了。

DSC_4015


TMIX ラグランTシャツ

ウェブでデザインして注文していたTシャツが届いた。

折角注文して小さいと嫌だったのでサイズをXLにしてみたが、ちょっと大きすぎた。。。
まぁ大きい分には着れるから良しとしよう。

肝心の印刷はとても綺麗に写っていて、印刷したものを貼ったものではなく生地に直接印刷したようになっている。

あとは洗濯してどうなるのか。
そこは暫く使ってみないとわからない。

DSC_4007


スマホでデザインの画面

Screenshot_20180627-171357


翻訳
アクセスカウンター Total
  • 今日:
  • 累計:

アクセスカウンター Week



    BLOG RANKING
    ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。 ↓↓↓
    月別アーカイブ
    カテゴリ別アーカイブ
    • ライブドアブログ