Happpppy tomorrow

マンドラ弾きの日記

Ars longa, vita brevis, occasio praeceps, experimentum periculosum, judicium difficile.

元日朝から38度以上の熱が続き、20時間の爆睡、朦朧とする意識の中で一進一退の入札が続く。

ついにカラーチェマンドリンを手に入れた✨😍✨

1996製、22年前の楽器なので状態が心配だったが見た目はとても綺麗。
しかし眠っていた楽器ではなさそう。
とても良く響く。

近くで咳をしたり大きな声を出すとホールに響く。

当たりでホッとした。
ちょっと共鳴しすぎかな。

DSC_3506
DSC_3505
DSC_3508
DSC_3507
DSC_3509

ヤフオクで落札したマンドリンが届いた。

掲載されていた写真はやはり綺麗に見えるものである。
ギャップにちょっと驚くが、クリーニングで何とかなる範囲内でネックの反りや傷はなさそうだ。

まずはクリーニングということで、弦を全部外してレモンオイルでクリーニングして、指板にもたっぷり染み込ませる。
新弦を張って、駒調整してという手順になる。

届いた状態でちょっと弾いてみたが、まぁ正常である。

DSC_3489
DSC_3491
DSC_3492

とりあえず綺麗になった。
弦はオプティマ緑を張ってみた。

若干弦高が高いか。。。
音はこんなもんだよねー。。。って感じ。

弾き難くはないが。

DSC_3493

またやってしまった。

ヤフオクで遊びで入札しているうちに、ついつい落札。。。

PROFESSIONAL CONCERT マンドリン imperial model 2002
散々検索したがなかなか情報がない。
そしてやっと見つけた❗

dobe1128-img1024x1024-1513555465aeo3bm6042
dobe1128-img1024x1024-1513555466iog9qm6042
dobe1128-img1024x1024-1513555466isowb76042
dobe1128-img1024x1024-15135554664bar6w6042
dobe1128-img1024x1024-1513555466ocqslx6042


オワリヤ楽器というところで手作りされているらしい。

2002というのは年式ではなく型式らしい。
ちょっと高い買い物になった気もするが、楽器そのものが当たりであることを祈る。

DSC_3469

年内に一度は行っておかないと。
突然の思い付きで開店時間目指して向かった。
片道18㎞、同じ市内としてはなかなか遠い。
DSC_3468


ちょっと早く着いたので、店の場所を確認して近くのコンビニへ。
差し入れを購入、自分の好きなものになってしまったが。

11時になったので店に向かう。

マンドリン、ドラ、ドラ。
ちょっと持って来すぎたかも。

まずはご挨拶m(__)m
早速楽器の話になり、弾き始める。
そして、弾く、弾く、弾く(笑)

あっという間に時間が経過する。
やはり弾くのは楽しい。

またそのうち遊びに行こう。

ヤフオクで購入した新しいピック。
DSC_3467
DSC_3466

Luke typeマンドリン型pick

TOTOのSteve Lukather氏をはじめ多くのギタリストが愛用するマンドリンピック型のFPCオリジナルピックで、Luke本人の使用しているものとほぼ同型らしい。

厚みは1ミリだけど材質のせいかあまり固すぎない。

大きさが丁度良いのでメインで使ってみよう。

このページのトップヘ