Happpppy tomorrow

マンドラ弾きの日記

身体は楽器の一部であり、楽器は身体の一部である ♪
そんな風になりたい。。。

アランフェスのマンドラケースは立てたときに上に持ち手がない。
DSC_4390

ずっと不便を感じていたのでネットで部材を探す。
大きさがイマイチ分からなかったがAmazonで注文してみた。

合わせてみるとちょっと大きいが、最初から付いていたマンドリンケースもこんな感じなので、何とかなりそう。

DSC_4391

穴の位置決めをして、恐る恐るドリルで穴を開ける。。。

DSC_4392

では持ち手の取付け。

DSC_4393

DSC_4394

出来上がり。

かなり無骨だが、持ってみると凄く便利🎵😍🎵


所要時間100分。
なかなか大変だった。

ヘンデル作曲「ハープシコード組曲 第2集」の第4曲、Sarabande(サラバンド)をマンドラ二重奏に編曲してみた。

テンポはゆっくりだし、音も少ないし、簡単に弾けて、稚拙な編曲だけどそれなりに音の重なりを楽しめると思う。

マンドリン×2とかマンドラ×2という構成の二重奏楽譜はなかなか無いので、二人だけでも楽しめるということで自分のために編曲を始めた。

11091548_5be52db401750


お試しに同人音楽の森にもアップロードしてみた





超限定された狭い練習スペースを整理整頓する。
狭いだけに練習以外の作業に使ったり、PCを使ったりしているうちに知らず知らず雑然となる。

そうしてこうなる。。。

「今置いたピックはどこ?」
「さっき使ったチューナーはどこ?」
「この前メトロはどこに置いた?」
「あの楽譜はどのファイルに?」
「あの曲はどの曲集だっけ?」

練習している時間のなかに、物を探している時間が多くなる。

時には何を探していたかも忘れる
しかし狭いスペースが好きで落ち着くのである

DSC_4241

やはり短い時間で効率よく目的を持って練習しなければ意味がない。

基本は残念ながら5Sか

DSC_4242




このページのトップヘ