Happpppy tomorrow

マンドラ弾きの日記

Ars longa, vita brevis, occasio praeceps, experimentum periculosum, judicium difficile.

左手はどうしたらいいのか。
早く弾くためには、良い音のためには、レガートに弾くためには・・・
手の大きさには個人差がありますが、小さいからといって指が届かないということはない。
正しい姿勢で楽器を正しく持ち、左手の形が正しく出来ていて、指が独立して動き、指の股が開けばいいわけだ。(口で言うのは簡単)

早く、正確に、良い音で、レガートに弾けるためには・・・

①楽器に対する左手の形・位置・角度に気をつける。
 指板から小指が遠く離れていないか。
 小指の根元を指版から離さない。
 小指を曲げる。
 
②力が入りすぎていないか。
 押さえるときは弦を指先で叩く意識で。
 親指は反らさず中指の反対側に位置し、力を入れず、
 ポジション移動が可能な体制を確保する。

③指を開く。
 普段から指を開く練習をすると少しはマシになる。

④指が独立して動くか。
 手の平を広げた状態で、先ず人差し指と薬指を内側に曲げる、
 次に人差し指と薬指を元に戻すと同時に、中指と小指を内側に曲げる。
⑤これを交互に早く出来るようしよう。

⑥親指で楽器を支えない。
 左手は楽器に添えるだけ・・・が基本です。
 親指にはあまり力を入れずに、指板を押す感じで。

⑦弦を押さえる時は、指先で叩く感じで。(音が出るくらい)
 弦を離すときも勢い良く。(音が出るくらい)
 この感覚でスケール練習をする。

⑧ポジション移動は親指先行で。
 どうしても押さえる指が先に行こうとするから注意。

弾けるようになるために・・・
上達するために、目先の難しい曲が弾けるようになることはあまり重要ではない。
簡単な練習曲であっても、何のために練習しているのかを意識して弾くことが合理的な練習と言える。
「音」でも述べたように、遠回りのように感じても、正しい練習法こそが弾けるようになるための近道だ。。。

「努力は報われる」・・・地道な努力は必ず結果として表れる(個人差はあるが)。

基本が出来ると多少難しい曲でも弾けるようになるはず。

ゆっくりと正しく弾けることが基本。

良い音を出す。
最も重要なのは「良い音」を出したいと想うこと。
理想を持って努力することが「いい音」への一番の近道であり、そういう目的を持って練習するということは最終的に合理的な練習法に辿り着く。
理想を叶えるには正しい練習法が必須であり、「良い音」を意識することにより必然的に合理的な練習になるということだ。

貴重な練習時間を無駄に、「単なる指慣らし」に使うのではなく、「良い音」を意識して練習すれば上手くなるはず。

無意識に弾いていて、出来てると思っていたことが「良い音」を意識することにより、実は出来ていなかったということに気付く。

そこからが上達の始まり。

マンドリンの弦は、オプティマ・トーマスティック・ダダリオ・ドガール・ギブソン・ARS・ピラッツィ・ブラックダイヤモンド・ハナバッハ等いろいろある。
楽器に合った弦、音色の好みがあるので、色々使ってみるのもいいだろう。

それに合わせて色々なピックを使ってみるのも面白い。
変な弦を使うとフレットが減りやすかったりするけど・・・

私はオプティマ(旧マキシマ)からトーマスティックを経て、今はオプティマ。

弦は使用頻度に関わらず、伸びたり劣化したりするので様子を見ながら交換しよう。
調弦が合わなくなって来たら終わりです。

ちゃんとした調弦で演奏することは最低限のマナーだ。

オケラ・パー練・・・妙に懐かしい響きを感じる。
社会人という環境でパー練というのは、ほとんど困難なものとなってしまった。しかしオケラについてはまだまだ考える余地があるようだ。
そもそもオケラというのは何のためにやっているのだろう。

「調和を作り出すため」

これが究極の目的だと私は思う。
少なくとも普段の練習不足を補う場所ではないはず。
基本は、個人練習がありオケラがあり個人練習がある、オケラで確認した指揮者の意図(これが重要)、自分に足りないところを個人練習で復習する。
そして次回のオケラでは少しレベルアップしているという繰り返し。
これが私の理想。(遥か彼方の・・・)

オケラにおいて、指揮者は自分がその曲をどうしたいのかを奏者に伝えることを最大のテーマとし、奏者がその段階で弾けないことに拘っていては先に進まない。
奏者は指揮者の意図を正しく理解しながら、自分の意思も交えて演奏する必要がある。そしてチェック項目は個人練習により改善していかなければならない(指揮者も奏者も)。

あまり遥か彼方の理想を語っても仕方ないが、そう出来るかよりも、そうしようという意識が大切だ。

先ずは・・・メロディ・和音・リズムを楽しめるレベルになりたい。

音と言葉 (新潮文庫)音と言葉 (新潮文庫)
(1981/03)
フルトヴェングラー

商品詳細を見る

このページのトップヘ