Happpppy tomorrow

マンドラ弾きの日記

身体は楽器の一部であり、楽器は身体の一部である ♪

ヤフオクで格安で入手したマンドリン、送料のほうが高い


何故ポチッと押してしまったかというと、ここが気になっただけなのだが。
ピックガード(木だけど)はドラゴンなのかライオンなのか???

i-img1024x768-153316926665diib241681


Zen-on MANDOLINE
全音楽譜出版社製のマンドリーヌ(何故かフランス語?)

DSC_4158


ケースに同梱されていたマキシマの袋はかなり古い。
ピックの形状も最近ほとんど見かけないもので、かなり古そうだ。

DSC_4157


さてこれからクリーニング、メンテナンス、弦交換をしてみよう。
果たして鳴るのか!!!

駒は真っ直ぐなので調整は難しい。

DSC_4156

週末の金曜日、明日からはお盆休みに突入する。
5日間の休みだけれど、あまりのんびりしている暇はなさそうだ。

今夜は明日の練習日の準備。
久しぶりに山根マンドラを使うことにする。たまには弾いてあげないと(笑)


右が山根マンドラ
DSC_3195

DSC_3196



やはりこのマンドラは音がでかい。
楽といえば楽だが、いろいろと気遣いが必要になる。



ピックは薄めのこれにしよう。

DSC_3988



Amazon マンドリンピック

今さらだけど、最近メトロノームを使ってちゃんと?練習しようということで、小さくて使い勝手の悪いメトロを買い替えてみた。
SEIKO セイコー クオーツメトロノーム SQ60
DSC_4123

今まで使っていたのは温度計・湿度計で、メトロノームにも使えるもので、ボタンが小さくて押しにくくテンポを変えるのが手間だった。

DSC_4124

今度はダイヤル式で簡単にテンポを変えることが出来る。

音は二種類でしっかり聞こえるが耳障りではない。

まずは失いつつあった安定したテンポを取り戻そう(笑)


このページのトップヘ