演奏会の選曲は難しい問題だ。
弾く側を優先するのか聴く側を優先するのかというバランスの問題もあるが、アマチュア団体では前者の要素が大きくて構わないと思う。

要は演奏者が楽しめるのかどうかが最も重要なテーマではないだろうか。
と言うのは簡単だが、では演奏者は何を持って楽しいと感じるのだろう。

音楽の3要素であるリズム・メロディー・ハーモニーといっても感じ方は人それぞれだし、これも組み合わせの問題。
曲のレベルも演奏者の技術的向上心や音楽的興味を満足させられるのかという問題が付き纏うが、それも人それぞれ。

結局は自分たちの全体としてのレベルを含めたいろいろな要素のバランスとしか言いようがないか。

選曲に悩むのも音楽の楽しみのひとつだろう。