ギターで有名なアルベニスのアストゥリアス。
この曲好きだ。

マンドリン編曲の楽譜があったのでイケガクで購入してみた。

DSC_0001_9


この曲はアルベニスのピアノ曲「スペイン組曲」第1集の第5曲目で、それをマンドリン一本で弾くのはかなりの難易度だ。
ぱっと見、練習しても無理なのは一目瞭然だが、このコロナ禍なので普段やらないことに挑戦してみようと思う。(気楽に、遊びのつもりで)

まずは曲の始まり

_20210422_201525


普通にダウンアップでいいのかな?
D線ダウンA線アップの繰り返し。


そしてこの展開

_20210422_201558


始まりではダウンアップで弾いていたが、ここから3連符の弾き方になる。
ダウンアップダウン、ダウンアップダウンでは速さ的に無理がある。
音と弦の配置から考えると、ダウンダウンアップの連続が正しいのかな???
D線ダウンA線ダウンA線アップの繰り返し。
そうすると曲の始まりはダウンダウンか?いやそれは違うな。。。とか悩む。。。
この曲を弾くための特別な技術が必要なことがわかった。
普段の合奏ではこんなことしないので右手が言うこと聞かない


左手もA線に触れないように、D線上で動くのが大変だけど、それにしても右手が言うこと聞かない

まぁこんなことも楽しいけど