Happpppy tomorrow ♬ ♡

マンドラ弾きの日記 mandola.blog.jp

カテゴリ:マンドリン > 楽器

ヤフオクで落札してから放置?忘れて?いたエレキマンドリンがあった。
コロナ禍の日常にも慣れて、ちょっとやる気が出た(笑)
まずは綺麗にして、弦を張らないと。


ソフトケースに入っているが、届いた時のまま放置。
DSC_1108

弦は古く、E線が一本欠落している。
DSC_1109

弦を全て外してレモンオイルでクリーニングする。
DSC_1110

弦を張る。
DSC_1111

完了、なかなか美しい。
DSC_1112

DSC_1113

さて、エレキで何しよう😃🎶


猛暑に耐えられず夜に小さなベランダへ出たら月が奇麗だった。
ふと昨年買ったカメラがあるのを思い出し、月を撮ってみようと思い立った。

カメラを出してみたところ既に電池切れ、充電に時間がかかるので乾電池式を選択したのは正しかったようだ。
単3電池3本を入れ替えてベランダに出る。
手すりにカメラを固定して月に向ける。
カメラにはいろいろな撮影モードがあって、どれが良いのかいろいろ試してみる。

結局余計なことはせずオートが良いのがわかった。
望遠で撮影すると1ミリ動いただけで月がいなくなる。
手すりに固定しながら揺れる画像にタイミングを合わせてシャッターを切る。

初めて撮ったのがこれ。
DSCN0003


昨日のがこれ、満月前日。
DSCN0008

ではこれを使ってちょっと加工してみよう。
以前に撮ったマンドラの写真。
DSC_3027

この2枚の写真を合わせるとこうなった。

【月とマンドラ】
MOON

自粛、延期、中止。。。
今まで経験したことのない社会の中で、いろいろとモチベーションも下がり続ける。

ちょっとでも楽しいことを見つけよう。



滞っていたマンドラの弦交換が終わったので、次はマンドリンを替えてみよう。

先日購入したARSの新弦

DSC_0550

DSC_0551


ハイポリッシュとローポリッシュ。
この2種類のどっちを使ってみようか。。。

わからないので、まずは。
カラーチェにハイポリッシュを張ってみよう。

DSC_0552

マンドラと比べるとマンドリンの弦交換は楽である。

ついでなので久々にクリーニングして。

DSC_0553

EADGの順に張っていく。

完了。

DSC_0554

DSC_0555

余った弦をきれいにカットする。
切るのはこれが便利。

DSC_0556

もう遅くなったので弾くのは明日だな。


このチューナーは便利。

購入して半年くらいになるが、小さくて楽器に付けたままでも邪魔にならず、電源ONですぐに使えるのが良い。
楽器をケースに入れるときも付けたままなので、購入してから付けっぱなしになっている。

クロマチックチューナーで1オクターブに含まれる半音全てについて調律できるのと、音高(ピッチ)も変えられる。

ヘッドストックの隅に取り付ければ目立たず、ボタンひとつでONになるので演奏の合間でも使いやすい。


サイズは1.3cm×2.5cm、小さいけれど結構見やすい。


D'Addario ダダリオ ヘッドストックチューナー クロマチックタイプ


DSC_0549



昨年の8月以降、弦を交換せずに音色とともにモチベーションも落ち続けていたが、ちょっとやる気を出して頑張って交換してみた。

やはりドーガル黄はエンドピンの輪が小さく、張ったときに心配した通り外すのが大変だった。

4c1e962224
苦労してイライラしながらやっと外す。


DSC_0545

こんな色じゃなかったと思う。
劣化、錆び(笑)

DSC_0546

今回は手持ちがあったので、全弦とも使いなれたオプティマ黒にした。

DSC_0544

DSC_0547

約20分。。。完了。

よく響く。

音がでかい。

これでモチベーション上げてまた練習しよう(O゚皿゚O)


このページのトップヘ